大いに神経を使う作業のため辛い部分はあります
ホームボタン
大いに神経を使う作業のため辛い部分はあります

大いに神経を使う作業のため辛い部分はあります

仕事と言っても事務系のオフィスでする仕事とは異なって、完全な現場の仕事、現場管理の仕事になります。

仕事の内容は貴金属類に属するメッキの仕事で、家電製品関係やIT、IC関係の極く小さい部品である基盤の金メッキということになります。

メッキといいますと大型の金メッキから極小の電子部品のメッキといろいろ有りますが、我等の仕事と言うのは、以上のよう細かい電子部品のメッキになります。

勿論、メッキの目的というのは腐食を防ぐのが主な目的になります。

此の金メッキの材料というか素材はシアン化金カリウム、又は、シアン化金ナトリウムといって、金とシアン(青酸)の化合物を使用します。

これは白い粉末状の物で、これをメッキ溶液に溶かし込んで電気的にイオン分解させ、イオン同士の結合にメッキを行なわれるのです。

この時、皆さんご存知のこの粉末というのはシアンといって猛毒のある化学物質であり、取り扱いには十分な管理と取扱いが必要ということです。

作業に関しても殆どが手作業で行われますので、付着などに気を使い、大いに神経を使う作業なのです。

其れに、電子部品の作業というのは多忙であり、昼夜関係なく24時間体制の中で仕事をしているので、夜中の仕事は特に神経を使い果たす感じなのです。

給料はいいです

我等のメッキの会社というのは所謂、20人程度の小さな会社ですが、此のような特殊な仕事や作業内容から殆んど緊張の連続の仕事というのが本音のところです。

此のような特殊な仕事の事情を知っている我等の社長は人間的にもよく出来た方で、我々、一般社員の人達には大いに気を使ってくれています。

先ず、お給料の件ですが普通の給与体系の中でも特殊作業手当や営業売上手当なども有り、特に売上が目標以上に達すると余すことなく分配してくれるのです。

此れは月々の給与ばかりでなく、年二回の賞与のときも同様です。

そして、3月の決算期になると其の結果によって特別賞与が戴けるのです。

其れに、通常は24時間勤務ということも有り、週末の金曜日になると全員が夜勤なしの定時退社になるし、土日曜日には完全休みになります。

又、5月の連休や夏季に於いては最低でも一週間以上の連続休暇が取れる仕組みになっているのです。

他にも会社の親睦会(飲み会)や社員旅行も楽しみであり、軟式野球などのクラブ活動も盛んなのです。

此のように、仕事は危険で辛い面もあるが、此等をカバーして余りあるほどの良き待遇が施されているのです。

▲ Page Top

Copyright (C) 2016 仕事の辛いところ All Rights Reserved.