部下のパートさんにはいつも頭を抱えています
ホームボタン
部下のパートさんにはいつも頭を抱えています

部下のパートさん

正社員として今の職場に勤務して、10年が経ちました。

仕事のつらいところ、といえば人間関係でしょうか。

2年前、長く在職してもらっていたパートさんが退職され、40代後半女性のパートさんが入ってこられました。そのパートさんの仕事状況に、頭を抱えています。

人間的に悪い人ではないように見受けられるのですが、やはり仕事となると周りをみて判断することがどの職場でも要求されます。

それが、まずできません。私の職場はスタッフの人数が大変少ないので、それぞれが機転を利かせて動くことが不可欠となります。

が、年齢も50代にさしかかってからの転職になると、周りを見るというところまでいかず、問題が起こると対処が全くできません。

もちろん、社員とパートでは立場が違うのでパートのホローは心がけていますが、事務処理も遅い。

仕事はしてもらわないとできるようにはならない、でも仕事を時間内にこなせない、結局こちらで全てあと処理をこなす、ということになっています。

言葉をつくして理解し、仕事をこなせるようになるなら説明を繰り返し、こちらも努力するのですが、もう2年実りはありません。

職場では、事務の正社員は私一人です。責任も大きく、有休をとることもままならないのですが、その半面、すべて自分一人の裁量でこなすことができます。

それは自分のやりたいように、やりたい時に計画できるということでもあります。大変ですが、慣れれば楽です。

楽しく仕事できます。勉強しようと思えば、誰に相談することなく(上司の許可は必要ですが)学ぶこともできます。要は、自分次第で自分の伸びしろをのばすことができるのです。

そして仕事の楽しさは、やはり充実感。忙しくてプライベートもバタバタしている状態でも、月々の業務をきちんとやり終えたとき、秘かにガッツポーズです。

事務などという仕事は、中小企業においては家庭における主婦のような役割です。目立たない働きですが、欠かせない。

縁の下の力持ち的存在です。表立って誰かに、褒められるようなこともありませんが、スムーズに会社が回るとささやかにうれしく思います。

少ないスタッフだからこそ、忙しい業務をやり終えた時流れる充実した空気、それがたまらなく好きで働き続けることができるのです。

やりたいようにやれる

職場では、事務の正社員は私一人です。責任も大きく、有休をとることもままならないのですが、その半面、すべて自分一人の裁量でこなすことができます。

それは自分のやりたいように、やりたい時に計画できるということでもあります。大変ですが、慣れれば楽です。

楽しく仕事できます。勉強しようと思えば、誰に相談することなく(上司の許可は必要ですが)学ぶこともできます。要は、自分次第で自分の伸びしろをのばすことができるのです。

そして仕事の楽しさは、やはり充実感。忙しくてプライベートもバタバタしている状態でも、月々の業務をきちんとやり終えたとき、秘かにガッツポーズです。

事務などという仕事は、中小企業においては家庭における主婦のような役割です。目立たない働きですが、欠かせない。

縁の下の力持ち的存在です。表立って誰かに、褒められるようなこともありませんが、スムーズに会社が回るとささやかにうれしく思います。

少ないスタッフだからこそ、忙しい業務をやり終えた時流れる充実した空気、それがたまらなく好きで働き続けることができるのです。

▲ Page Top

Copyright (C) 2016 仕事の辛いところ All Rights Reserved.